ねじの加工

ねじフェチ

ねじフェチ

ねじの加工

そして、自動的にネジをカッターで切ることができました。
特許を引き受けます、そして、ワイアット兄弟は「効果的に鉄のネジを製造する方法」で
世界初のネジ工場を建設しました。
そして、工場の新しい所有者は工業化に成功します。
そして、ビジネスに関しては、大量のネジは失敗によってその後蒸気機関の
利用のようないろいろな改善の後船と家具、車、高品質家具の需要の高まりで製造されます。

18世紀の終わりまでは、旋盤でものを作ることに関しては、それはヨーロッパの
貴族の趣味の1つでした。
手製で、その頃天文観察使用と航海使用として使われる精密器機の精度を与えるために
成功する代わりに、1762年にヨークシャーの出生ロンドンで精密器機を製造した
ジェシー・ラムズは、より精密な旋盤を製造することによって
成し遂げるプロジェクトを開始しました。
木の旋盤の代用の旋盤とダイヤモンドでそれをカッターの先端に11年掛けて
それを旋盤付きの旋盤の部分にした。
それを使っているより精密な旋盤の上で造って、徐々に正確に旋盤にして
1000分の4インチのfinally.Theの精度のネジの上で彼が製造した非常に正確な
ネジに建ててやった金属とされるラムズは、科学的なフィールド
(例えば顕微鏡と天文学)で利用されました。

ねじの歴史 製造

新着ねじ記事

その他

参考サイト

copyright(C)ねじフェチ