ねじの歴史について

ねじフェチ

ねじフェチ

ねじの歴史について

歴史
ネジの起源に関しては、それは明白になりません。
現代の歴史家によると、アル北が発明した意見とPelgerのアポロニウスが発明した意見があります。
アルキメデスがギリシアの学者エウスタシウスを発明すると、主張しました。
実は、それをポンプで揚げるためのアルが大きいネジを円筒形のパイプに入れたと決めます。
そして、創造力とアルキメデスの理由がここまで知られる限り
最初に機械のために螺旋構造を使用したのは例であるとディアン・ネジに言われます。
古代、潅漑と船の底の水のスクリューはそれを描きました。
そして、鉱山で集まった水が水のそれを排出するために使われて
効果的に労働組合とともにとても比較的に水で水を汲み出すことができました。
効果はテクニックをポンプでくんでいる他より高いです。
そして、現在の年齢さえその頃ネジ-タイプ運搬装置として費やされます。

そして、アルキメデスがアレキサンドリアで学んだとき、この発明が青春期に実行されたと
後部のディオドロスは書きます。アルキメデス折り目のような才能機械の学者だけに
よってネジ構造と想像することができた人
そして、実は、たとえ「ネジは一方の重要な機械です。
そして、それだけは当初中国にもたらされませんでした」としても、それであることを言います。

ねじの歴史 製造ボルトとナットについて

新着ねじ記事

その他

参考サイト

copyright(C)ねじフェチ